インサイドセールスの成功はナーチャリングで決まる!重要性と実施のポイントー電通B2Bイニシアティブ

メルマガ登録
お問い合わせ

B2B Compass

インサイドセールスの成功はナーチャリングで決まる!重要性と実施のポイント

img1インサイドセールスにおいて、ナーチャリングの役割は非常に重要です。本記事では、なぜインサイドセールスでのナーチャリングが重要なのかやメリット、具体的な実施フローとポイントを掘り下げて説明します。

これらの情報を活用し、質の高いリードを絞り込み、商談化を進めるための具体的なステップを理解しましょう。

インサイドセールスにおけるナーチャリングの重要性とは?

最適なリードの絞り込みや購買プロセスの変化に対応するため、インサイドセールスでナーチャリングの重要性が高まっています。ナーチャリングがなぜ必要なのか、そして得られるメリットについてをまず理解しておきましょう。

インサイドセールスとは

インサイドセールスは、企業が自社のリソースを最大限に活用し、リード(見込み顧客)に対し非対面でアプローチをかけ、購買意欲を高めていく営業手法です。この取り組みでは、一貫したコミュニケーションを通じてリードとの関係を深め、製品やサービスに対する理解を深めることが重要となります。

なぜインサイドセールスでナーチャリングが重要なのか?

ここで、ナーチャリングが重要な役割を果たします。まず、質の高いリードの絞り込みについて考えてみましょう。ナーチャリングを通じて、リードのニーズや関心を深く理解し、製品やサービスがそれらにどのように対応するかを明確にすることが可能になります。これにより、リードの中から最も可能性の高い人々を見つけ出すことができます。

次に、質の高い商談化についてです。ナーチャリングは、リードが製品やサービスに対する理解を深め、サービス価値を認識するための時間を提供します。これにより、リードは自分自身のニーズに基づいて製品やサービスを選び、より意味のある商談につながります。

さらに購買プロセスの変化に対応するためにも、ナーチャリングは不可欠です。購買行動は常に変化しており、ナーチャリングを通じて変化を把握し、顧客ニーズに適応することが求められます。
今日の消費者は、購入決定をする前に自主的に情報を収集し、多くの場合、自分自身で商品やサービスの評価を行います。この変化は、企業が顧客に直接アプローチする伝統的な営業手法を見直す必要性を生みました。

img2

ナーチャリングは、購買決定のプロセス中に顧客が自主的に行う情報収集をサポートし、彼らが必要とする情報を適切なタイミングで提供します。ナーチャリングによってリードは自分自身のニーズに最も適した商品やサービスを見つける手助けを受け、同時に企業も購買プロセスにより密着した形でリードに関与できます。

 

関連記事

ナーチャリングとは?理想的な顧客育成のプロセス&効果的な手法

インサイドセールスにおけるナーチャリングのメリット

ナーチャリングでリードの行動や購買プロセスの変化に対応することで、顧客満足度が高まり、結果商談数や商談の質向上が叶います。顧客ニーズを理解し、それに適応するための貴重な情報を提供することは、強固な関係を築くことにつながるでしょう。顧客ニーズに適応し続けることは、結果的に長期的なビジネスの成功をもたらします。

インサイドセールスにてナーチャリングを実施する際の手順

効果的な戦略を策定し、リードを顧客へと進化させるためには、事前準備が欠かせません。ここでは成功につなげるための具体的な実施手順を紹介します。

ステップ1:ペルソナやカスタマージャーニー設計

インサイドセールスにおけるナーチャリングのフローは、まずペルソナ設計から始まります。これは、リードの行動やニーズを理解し、それに合わせたナーチャリングを行うために必要なステップです。設計は、顧客デモグラフィックや行動パターンを基に行います。
ポイントは「何を達成したいのか」「どのような課題を持っているのか」の明確化。ここか自社サービスとマッチするかが重要となります。ペルソナのゴールや課題はできるだけ具体的にしておき、社内メンバーが常に確認できるようにしましょう。部門やメンバーごとの認識ズレを防ぐことにつながります。

またナーチャリングにおいて、顧客の検討フェーズを把握できるカスタマージャーニー設計も大変重要です。ペルソナと合わせて明確化させておきましょう。

ステップ2:リードに関する情報をできるだけ収集し、仮設立て

合わせて、リードに関する情報を細かく収集し、仮説立ても進めていきましょう。顧客行動を予測し、最適なタイミングで適切なアクションを起こすために必要なステップとなります。情報収集は、顧客とのコミュニケーションやデータ分析を通じて行います。

ペルソナ設計とリード情報収集がある程度進むと、やるべき施策が見えてくるようになるはずです。

ステップ3:リード情報管理ツールの導入

リード情報管理ツールの導入も重要です。収集した情報を効果的に管理し、ナーチャリングの効率を上げるために必要なステップとなります。

おすすめのツールとしては「HubSpot」があり、そのユーザーフレンドリーなインターフェースと高度な分析機能が特徴です。CRMとMAの機能を備え、リード情報の一元管理から、幅広いマーケティング施策に対応しています。ほかセールスやカスタマーサポートの要素も含み、管理から施策実行まで、シームレスな運用が叶います。

ステップ4:効果測定、検証改善

img3

施策設計を行い、ツールを導入したら、いよいよ運用となります。運用後は効果測定と検証改善を欠かさず実施しましょう。ナーチャリングの効果を確認しながら改善点を見つけ、より良い運用の形を作っていきます。顧客の興味関心は変化するため、常に現在のナーチャリングプロセスが最適かどうかを見直しましょう。

 

インサイドセールスでナーチャリングを行う際のポイント

先述の手順と合わせて、具体的な施策選択からカスタマージャーニーへの配慮、そして部門間連携の必要性まで、ナーチャリングを成功させるための要点を押さえていきましょう。

カスタマージャーニーに沿った顧客アプローチを図る

インサイドセールスにおいては、カスタマージャーニーに沿った顧客アプローチが重要です。先述でもお伝えした通り、顧客は自主的に情報を収集し、自分自身で商品やサービスの評価を行うようになったため、リードにできるだけ自然な形で製品やサービス情報に接触してもらう必要があります。そのためリードがどのステージにいるかを把握し、適切なコミュニケーションとアプローチを提供することが肝心です。

顧客目線で考える

リードとの関係構築にあたっては、まずリードが抱える課題や疑問を把握し、それに合わせて求める情報を提供することが重要です。ニーズを汲み取るには、常に顧客目線で物事を考える必要があるでしょう。

部門間での情報共有の確立

部門間での情報連携も、顧客に対する一貫したメッセージングと体験を提供するために必要です。製品開発チームからマーケティングチーム、営業チームまで、全員が同じ方向に進むことで、顧客に対して一貫性のある価値を提供することができます。

 

インサイドセールスで用いられるナーチャリング施策4選

顧客との強固な関係を築くためには、適切なナーチャリング施策が不可欠です。ここではインサイドセールスで用いられる効果的なナーチャリング施策のうち、代表的なものを4つご紹介します。

電話(テレマーケティング)

電話(テレマーケティング)は、直接顧客との対話を通じてニーズを引き出し、適切な提案を行う手法です。ナーチャリング施策としての効果的な活用法は、リードの興味や悩みを深堀りし、それに対する解決策を提供することで、信頼関係を築くことです。

メールマーケティング

メールマーケティングは、顧客へ直接的かつ個別に情報を提供する手法です。ナーチャリング施策としては、定期的に有益な情報や関連する製品・サービスの提案を行い、関心を持続させることが可能です。

img4

オウンドメディア・SNS発信

オウンドメディアやSNS発信は、企業自身がコンテンツを制作し発信する手法です。ナーチャリング施策としての活用法は、リードの興味・関心に合わせた情報提供を通じて、ブランドの価値を高め、リードとの関係を深めることです。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、深い専門知識を元にした詳細なレポートやガイドです。ナーチャリング施策としては、高度な知識や解決策を提供することで、企業の信頼性や認知度を高める役割を果たします。

これらの施策は、顧客の購買プロセスに沿って適切に活用することで、インサイドセールスの成功に大きく貢献します。

 

ナーチャリングを活用し、効果的かつ効率的なインサイドセールスの成功を目指そう

インサイドセールスでは、各種ナーチャリング施策を適切に利用することで、より質の高いリードを育成し、ビジネスの成功につなげることが可能です。一方で、リードの購買行動は日々変化していますので、施策の効果測定と改善を怠らず、顧客との関係を深化させるための新たなナーチャリングの可能性を常に探求し続けましょう。

PROFILE

B2B Compass編集部

B2B Compass編集部

B2Bのビジネス課題を解決に導く、コンパス(羅針盤)となるような情報をお届けします。