【おすすめ企業厳選】インサイドセールスをコンサルティング依頼するメリットとその価値とは?ー電通B2Bイニシアティブ

メルマガ登録
お問い合わせ

B2B Compass

【おすすめ企業厳選】インサイドセールスをコンサルティング依頼するメリットとその価値とは?

 

img1

インサイドセールスを成功させるためには、適切な戦略と実行力が求められます。しかし、自社だけですべてを手掛けるのは困難な場合も。そこで今回は、企業がインサイドセールスのコンサルティングを依頼するメリットとその価値について解説します。

これからインサイドセールスを本格的に取り組む企業や、成果を上げるための新たなパートナーを探している企業はぜひ参考にしてください。

インサイドセールスにおけるコンサルティングの役割とは?    

一般的に、コンサルティング会社は企業の長期的な成功を支えるために、持続可能な戦略と計画を構築することも重要な役割としています。

一方、インサイドセールスにおけるコンサルティングの役割は、内部営業の効率化やパフォーマンス向上を実現するための戦略的な支援を提供することです。この役割を果たすために、インサイドセールスの構築や営業プロセスの最適化、チームメンバーのスキルアップやテクノロジーの導入支援など、特化した専門知識を活用し、企業が直面している固有の課題を解決します。

インサイドセールスにおけるコンサルティングの役割は非常に広範ですが、一般的に以下のような支援を行う企業が多いです。

部門の立ち上げ・体制作り

コンサルタントは組織の目標やビジョンを理解し、それに合わせた最適な体制を構築するお手伝いをします。これは人員配置から業務フローの設計、必要なツールの選定など、インサイドセールス部門が効率的に機能するための基盤作りを含みます。

運用での効果測定&分析改善

コンサルタントはインサイドセールスのパフォーマンスを定量的に評価し、その結果をもとに改善策を提案します。具体的には、営業活動のKPI設定、データ分析による課題抽出、セールスプロセスの最適化などが含まれ、常に最高の成果を追求するためのサポートを掲げるコンサルティング会社が多いです。

伴走支援

コンサルタントが実際の営業活動に参加し、現場の課題を直接把握しながら適切な解決策を提案するサービスも多いです。これにより、社内のメンバーが自分たちの力で問題を解決できる能力を育てるとともに、インサイドセールス部門が自律的に成長していくための支援に繋がります。

コンサルティング会社を入れることで、何が解決されるのか?

インサイドセールスは従来のフィールドセールスとは異なる視点と戦略が求められます。これには、通常の営業スキルだけでなく、マーケティングなどの専門知識が必要。とくに初めて導入する企業では、その知見が不足していることが多く、どのように導入すれば効果的なのか、迷走してしまう可能性が高いでしょう。

こうした状況でコンサルティング会社をパートナーとして迎え入れることは大きなメリットです。専門知識を持ったコンサルタントは、これまで社内にない視点やノウハウを提供し、インサイドセールスの構築をスムーズに進めることができます。

img2

また、コンサルタントは企業の状況に合わせた効果的な戦略を設計し、その導入のサポートを行います。これにより、企業は迷走することなく、確実にインサイドセールスを導入し、その効果を最大化できるようになるでしょう。

 

インサイドセールスの立ち上げに外部パートナーを利用するメリットについて、以下記事でも詳しくご紹介しております。

インサイドセールスは外注すべき?内製すべき?判断のポイント

 

自社にあったコンサルティング会社の探し方     

コンサルティング会社は数多く存在し、その中から自社に最適なパートナーを見つけ出すのは容易なことではありません。このセクションでは、自社に適したコンサルティング会社を見つけるための具体的なポイントを解説します。

選択基準としては、会社の実績、サポート範囲とコンサルティング体制、料金体系、そして担当者との相性などが重要です。これらの観点から自社のニーズに最もマッチしたコンサルティング会社を選び、インサイドセールスの効率化と成果向上を目指します。

実績

コンサルティング会社選びにおいて、実績は非常に重要な判断材料となります。その会社がどのようなジャンルで成功を収めてきたか、またその成果はどの程度か、といった情報は、自社が求めるサポートを適切に提供できるかどうかを判断する上で大いに役立ちます。

とくに、自社と同じジャンルでの支援実績がある場合、その会社はその分野に深い理解と経験を持っている可能性が高いです。そのため、自社の課題や目標を的確に理解し、それに対する具体的な解決策を提案できる力があると期待できます。

しかし、ただ過去の実績を見るだけではなく、その実績がどのように達成されたか、どのようなアプローチを用いているかを理解することも重要です。それにより、その会社が自社のビジネス文化や価値観と合致するか、自社の成長戦略に対して有効な支援を提供できるか、といった点を評価することが可能になります。

また、その実績が新たな環境や異なる状況にどの程度適応可能かを見極めることも重要です。市場は常に変化しており、過去の成功が必ずしも未来の成功を保証するわけではありません。そのため、過去の実績だけでなく、その会社が新しい挑戦に対応できる柔軟性と創造性を持っているかどうかを見極めることも大切です。

サポート範囲・コンサルティング体制

img3

コンサルティング会社を選ぶ際には、そのサポート範囲と体制についてしっかりと理解することが重要です。自社のニーズに対応しているかどうか、またそれがどの程度までカバーされているのかを明確にすることが求められます。

たとえば、プロジェクト全体をサポートしてくれるのか、特定の部分だけをサポートしてくれるのかなど、自社の要望や目標を達成するために必要なサポートが受けられるかどうかを見極めることが重要です。

また、コンサルタントが個別に対応するのか、チームで対応するのか、その体制も把握しておくことが必要。これらの確認は、後々のトラブルを避けるためにも不可欠です。

料金体系・予算

自社の予算とバランスをとりながら、最大限の成果を引き出すためには、費用対効果が最も重要となります。まずは、自社の予算を明確に設定し、それに基づいてコンサルティング会社を比較することが重要です。

コンサルティング会社の料金体系は、一律の金額を設定しているところもあれば、サービス内容や期間により変動するところもあります。そのため、自社のニーズに合わせて、最適な料金体系を持つコンサルティング会社を見つけることが求められます。

また、料金だけでなくサービスの内容も重視することが大切です。たとえば、定期的なミーティングやレポート作成、緊急時のサポートなど、自社が必要とするサービスが含まれているかを確認しましょう。料金体系とサービス内容が互いにバランスが取れているコンサルティング会社を選ぶことで、より良い成果へと繋げることが可能です。

また、長期的な視点で見た場合、初期費用が高くても、その後の成果によりROI(投資対効果)が高い場合もあります。そのため、料金体系を見極める際には、短期的なコストだけでなく、長期的な視野も持つことが重要です。コストパフォーマンスを最大化するためには、自社のビジネスモデルや目標に合ったコンサルティング会社の選択が不可欠です。

担当者との相性

コンサルタントとは一度きりのプロジェクトではなく、中長期的なパートナーシップとなることが多いため、担当者との相性が良くないとコミュニケーションがうまく取れず、結果的にプロジェクトの進行や結果に悪影響を与える可能性があります。さらに、相性が悪いと感じると、ストレスや精神的な負担が増し、働きにくい環境が生まれてしまうこともあります。

そのため、契約を結ぶ前に担当者とのコミュニケーションをとる機会を設けることがおすすめ。具体的には、初回のミーティングや面談で担当者と直接話す機会を持つことが重要です。その際には、担当者の専門知識や経験だけでなく、人柄やコミュニケーションスキル、価値観なども確認しましょう。担当者が自社のビジョンや目標を理解し、共感してくれるかどうかも重要なポイントです。

また、コンサルティング会社によっては、担当者を変更することが可能な場合もあります。そのため、担当者との相性が良くないと感じた場合でも、他の担当者を選ぶことで問題を解決することができるかもしれません。しかし、そのような場合でも、事前にコミュニケーションをとることで、担当者との相性を見極めることができるのがベストです。

 

自社に最適かつ高品質なインサイドセールスコンサルティング企業を探そう

コンサルティング会社は多種多様で、各社が提供するサービスも異なるため、さまざまな企業を見ながらの比較検討が必要です。

検討の際には記事内でご紹介した実績やサポート範囲、料金体系や担当者との相性はもちろんのこと、自社のビジネスモデルや業界特性に合っているかどうかも重要です。

私たち電通B2Bイニシアティブがご提供するインサイドセールスソリューションは、現状分析・戦略策定から施策後のレポーティングまで、一気通貫で企業のインサイドセールスをご支援しています。リード状況に応じた最適なアプローチ手法やゴール設計はもちろん、施策後のレポーティングでは「成功/失敗」だけでなく次に繋げるための分析を実施し、成功パターンの確立を目指した伴走支援が特徴です。

B2B領域の専門チームが担当いたしますので、戦略設計〜施策をハイクオリティなレベルで実施でき、リソースやノウハウが限られた企業さまでも高い成果にコミットしていけます。インサイドセールスの外部活用をお考えでしたら、ぜひご検討くださいませ。

最後に、コンサルティング会社を選ぶ際は、価格だけでなく、その価格で提供されるサービスの質や範囲、そして自社のビジネスに対する理解度を重視することが大切です。これらの要素を総合的に評価し、自社に最適かつ高品質なインサイドセールスコンサルティング企業を見つけてください。

 

関連記事

インサイドセールスとは?非対面式営業を導入して費用対効果を高めよう

PROFILE

B2B Compass編集部

B2B Compass編集部

B2Bのビジネス課題を解決に導く、コンパス(羅針盤)となるような情報をお届けします。