Webマーケティングとは?インターネットを駆使した集客手法を解説ー電通B2Bイニシアティブ

お問い合わせ

B2B Compass

Webマーケティングとは?インターネットを駆使した集客手法を解説

1-1-1

Webマーケティングを理解することはインターネット時代のビジネスを有利に進める上で非常に重要です。

本記事ではWebマーケティングの概要やプロセス、成功のポイントを分かりやすく解説します。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングはインターネットの発信力を活用した集客手法です。公式サイトやSNSなどを用いて販売を促進し、効率的かつ低コストでの企業利益を追求します。

Webマーケティングの目的

•    リーチの拡大
•    パーソナライズされたエクスペリエンスの提供
•    データに基づいた意思決定

Webマーケティングの目的は企業戦略やビジョンから独自に設定されます。大切なのはビジネスに最適化された目的を設定することです。ここでは一般的なWebマーケティングの目的を解説します。

リーチの拡大

Webマーケティングには地理的な制約がありません。国や地域を超えて広範なオーディエンスにリーチすることが可能です。Webサイトに多言語表示設定などを実装し、世界に向けて企業ブランディングを進めましょう。

パーソナライズされたエクスペリエンスの提供

Webマーケティングでは顧客の行動や好みに基づいたコンテンツや広告を提供します。最適化された有益な情報は顧客のエンゲージメントを高め、満足度を向上させます。

データに基づいた意思決定

Web分析ツールを用いることで、顧客のサイト内行動や反応を詳細に追跡することが可能になります。データに基づく分析は効率的なリソース配分を可能にし、最終的には売上と利益の増加につなげます。

Webマーケティングの特徴

•    コスト効率が良い
•    リアルタイムで対応
•    アウトバウンド/インバウンドマーケティング

コスト効率が良い

伝統的なマーケティング手法(テレビ、ラジオ、新聞広告など)に比べて、Webマーケティングには高いコスト効率が期待できます。

Webマーケティングはシステムを一度構築すれば非常に低いコストで運用が可能です。担当者を常勤させる必要はなく、社内リソースの最適化につながります。

リアルタイムで対応

Webマーケティングではニュースや市場の動向、顧客の反応に即座に対応できます。

SNSのトレンドワードに合わせたコンテンツカスタマイズ、緊急性のある質問への直接回答が可能です。リアルタイムでの対応はブランドの信頼性強化につながります。

アウトバウンド/インバウンドマーケティング

Webマーケティングではアウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティング双方の機能が発揮されます。

Webサイトは非常に優れたアウトバンドツールです。顧客は都合の良い時間にWebサイトで情報を得ることができます。一方、企業はいつでも自社の製品やサービス情報を更新/発信することができます。

公式問い合わせフォームやSNSは顧客からの質問やアプローチを受け付けるコミュニケーションチャネルです。インバウンドツールとしての機能を果たします。

Webマーケティングの手段

•    検索エンジン最適化(SEO)
•    検索エンジン広告(SEM)
•    ソーシャルメディアマーケティング
•    コンテンツマーケティング
•    メールマーケティング
•    アフィリエイトマーケティング

ここではWebマーケティングを効果的に進める上で有効な手段を解説します。

検索エンジン最適化(SEO:Search Engine Optimization)

SEOはGoogleやBingなどの検索エンジンで高評価(検索結果ランキング上位)を獲得するプロセスです。キーワードの適切な使用、高品質なコンテンツの作成、メタデータの利用などWebサイト自体の集客力を向上させます。

→SEOについて、より詳しく知りたい方はこちら

SEOとは?検索エンジンの最適化がWebマーケティングで果たす役割

検索エンジン広告(SEM:Search Engine Marketing)

SEMは検索エンジンを活用したマーケティング手法の総称です。Google Adsなどのプラットフォームを使用して、ユーザーが特定のキーワードを検索したときに広告が表示されるように設定します。

ソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアマーケティングは、Twitter、Instagram、Facebookなどのソーシャルメディアプラットフォームを使用してブランドの認知度を高めるための手法です。投稿の共有、広告キャンペーンの実行、ユーザーとの直接的な対話などでブランディングを進めます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは顧客と関連性のある有益なコンテンツを配信する戦略です。リードジェネレーションやリードナーチャリングのフェーズにおいて効果的に機能します。インフォグラフィックを活用したソリューション情報などで顧客の問題解決を図ります。

メールマーケティング

メールマーケティングはビジネスパートナーとの定期的なコミュニケーションポイントを構築し、相互理解を深める役割を果たします。顧客エンゲージメントを高め、長期的なビジネスリレーションシップの維持/向上を図ります。

アフィリエイトマーケティング

アフィリエイトマーケティングは他の企業や個人に製品やサービスを推奨、宣伝してもらう手法です。商談成立後にプロモーションをしてくれた企業や個人に成果報酬を渡します。成果に応じた報酬となるのでコスト効率に優れています。

Webマーケティングのプロセス

1-21.    Webマーケティングの目標確認
2.    市場調査とターゲット設定
3.    コンテンツ戦略の策定
4.    SEOとSEM
5.    プロモーション
6.    戦略的目的達成

Webマーケティングの目標確認

目標確認はWebマーケティング活動の初期段階で行われ、チーム全体で方向性を共有する重要なプロセスです。具体的な売上目標やブランド認知度向上、顧客満足度の向上など、達成したい目標を明確にします。

市場調査とターゲット設定

ターゲティングは市場調査から始まります。ターゲットオーディエンスのデモグラフィック情報、行動、ニーズなどを詳細に調査します。この段階では製品やサービスが誰にとって有益であるかを理解することが大切です。

コンテンツ戦略の策定

ターゲットオーディエンスが関心のあるコンテンツを作成します。チャネル選定も大切です。公式サイト、ブログ記事、ホワイトペーパー、ウェビナー、SNSなどから最もターゲットオーディエンスにリーチしやすいチャネルを選びましょう。

SEOとSEM

SEOとSEMは顧客を迎えるシステムの構築プロセスです。SEOを実行することでWebサイトが検索エンジンで見つけやすくなるようにします。SEMはWebマーケティングの予算に応じて活用していきましょう。

プロモーション

プロモーションのプロセスでは顧客にアプローチしていきます。SNSやメール、もしくは公式サイトに設置されたチャットフォームなどを利用して直接顧客とコミュニケーションを図ります。プロモーションによってWebマーケティングの効果は向上します。

目標達成

設定目標の達成確認プロセスです。必要に応じてWebマーケティングの改善点を検討します。企業戦略やトレンドの変化に合わせて目標設定自体を再評価することも大切です。

Webマーケティング成功のポイント

•    目標設定
•    ターゲットオーディエンスの定義
•    手段と方法の明確化
•    実行(一貫性と柔軟性)
•    分析と調整
•    最適化と継続的な改善

目標設定

Webマーケティングの目標を決定し、チームに一貫した方向性を示します。目標が明確となることで、リソースの配分も最適化されます。KPI※1設定などで具体的な数字を追求しましょう。

※1 KPI(Key Performance Indicator)は目標達成に向けた行動を評価する指標です。

ターゲットオーディエンスの定義

ユーザーペルソナの作成、市場調査、競合分析をすることでターゲットオーディエンスを定義していきます。非常に専門性の高いプロセスです。社内リソースでの対応が難しい場合は外部のソリューションサービスを利用しましょう。

電通B2Bイニシアティブではペルソナの作成、市場調査、競合分析をサポートいたします。オンライン調査や競合サイト分析についてのご質問はお気軽にお問い合わせください。

手段と方法の明確化

Webマーケティングの手段と方法を明確にし、実行力の向上につなげます。

Webマーケティングの手段は活動を行うための具体的なツールやプラットフォームです。Webサイト、SNS、メールマーケティング、SEO、各種広告などから選択します。

Webマーケティングの方法は選択した手段を使用する戦略のことです。SNSを手段とした場合、投稿の頻度や時間の最適化、コンテンツの種類選択などをします。

実行(一貫性と柔軟性)

Webマーケティングには一貫性をもった実行力が必要です。目標、最適化された手段や方法などをチーム内で共有し、Webマーケティングの効果を高めましょう。

一方で、トレンドに合わせた柔軟性を持つことも大切です。Webマーケティングは動的なプロセスであり、市場環境や顧客の行動は常に変化します。必要に応じて戦略を調整していきましょう。

分析と調整

実行したWebマーケティング活動結果を分析し、戦略を調整します。Webサイトのトラフィック分析、コンバージョン率の追跡、広告のパフォーマンス評価などを総合的に掌握しましょう。

分析と調整のプロセスはWebマーケティングツールを適切に使用することで効率化できます。ツールの詳細は「Webマーケティングに有効なツール」で解説させて頂きます。

最適化と継続的な改善

分析結果に基づいた戦略の最適化と改善は継続される必要があります。Webマーケティングの効果を維持/向上させる上で非常に重要なポイントです。市場動向はもちろん、社内リソースの変化にも対応しましょう。

Webマーケティングに有効なツール

1-3-1

•    SEOツール
•    MEOツール
•    LPOツール
•    アクセス解析ツール
•    各種広告

SEOツール

SEOツールはキーワードリサーチ、バックリンク分析、ランキング追跡などを用いてWebマーケティングを優位に進めます。コンテンツ戦略を立てる際に有効です。また、競合のSEO戦略を分析し、自社の戦略を調整する場合にも役立ちます。

MEOツール

GoogleビジネスプロフィールなどのMEO※2ツールは地図検索結果を最適化し、企業ブランディングを支援します。インターネット上のマップに企業所在地、営業時間、連絡先情報などを掲載し、顧客流入を促します。

MEOツールは使用されるインターネットマップによって種類があります。Apple Business ConnectはApple Mapsに店舗情報を掲載するためのツールです。Yahoo! Mapに使用されるMEOツールはYahoo!プレイスです。

※2 MEO(Map Engine Optimization)は地図検索エンジンの最適化です。

LPOツール

LPO※3ツールはランディングページのコンバージョン率最適化を支援します。一般的なLPOツールはA/Bテストやヒートマップ分析などの機能を有しています。企業戦略やWebマーケティング目標に応じて独自の分析機能を追求したい場合は、より専門的なツールを選択する必要があります。

電通B2Bイニシアティブでは企業戦略に沿ったLPOツール導入をサポートいたします。計測特化ツール、テスト特化ツール、デザイン/カスタマイズ特化ツールなどご要望をお知らせください。

※3 LPO(Landing Page Optimization)はランディングページの最適化です。

アクセス解析ツール

アクセス解析ツールはWebサイトのトラフィックを分析するツールです。最も有名なツールはGoogle Analyticsです。ユーザーの行動や訪問者のデモグラフィック情報などを把握することができます。アクセスを解析し、マーケティング戦略の改善やユーザーエクスペリエンスの向上に役立てます。

各種広告

インターネットを利用した広告はコストもかかりますが、Webマーケティングを効率的に進める上で非常に重要です。広告にはSEM広告、バナー(ディスプレイ)広告、SNS広告などがあります。

Google Ads、Bing Adsを使用したリスティング広告などは特定のキーワードにフォーカスして広告を出すことができます。バナー広告は様々なページに貼ることで商品やサービスの視認性を高めます。SNS広告は拡散性が期待できます。トレンドを上手く利用しましょう。

Webマーケティングの注意点

1-4-1

•    プライバシーとセキュリティ
•    誤ったターゲティング
•    コンプライアンス
•    正確な効果測定
•    技術的な課題

プライバシーとセキュリティ

ユーザーの個人情報を収集する際にはプライバシーとセキュリティへの理解が重要です。特に、個人情報保護法に反した行為は企業ブランドに悪影響を与える可能性があります。個人情報の取扱に関しては専門家スタッフや管理者による監督なども検討しましょう。

誤ったターゲティング

正確な顧客セグメンテーションとターゲティングがなされていない場合、Webマーケティングが失敗に終わる可能性があります。それぞれの顧客セグメントに基づいた戦略を立てることが重要です。ターゲティングが上手く機能しているかは定期的に検証しましょう。

コンプライアンス

広告やメールマーケティングなどの活動は、特定の規制や法律に準拠している必要があります。例えば、メールマーケティングは特定電子メール法※4やCAN-SPAM Act※5に準拠している必要があります。

※4 日本で制定された商用電子メールを規制する法律です。正式名は「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」です。
※5 米国で制定された商用電子メールを規制する法律です。

正確な効果測定

Webマーケティングの効果を正確に測定することが困難な場合、集客活動が成功しているのかどうかを判断することが難しくなります。適切なKPIを設定し、定期的に測定し、活動を調整することが重要です。

技術的な課題

Webマーケティングツールを効果的に使用する際は技術的な知識が必要です。ツールを使用するスタッフには、データ分析スキルやSEO知識、A/Bテストやユーザーエクスペリエンスの理解などが求められます。

まとめ

インターネットがビジネスの重要インフラとなった現代において、Webマーケティングは非常に有効な集客手法です。オウンドメディアやSNSプラットフォームなどを駆使することで高い費用対効果が期待できます。

本記事ではWebマーケティングの概要やプロセス、成功のポイントなどを解説させて頂きました。企業経営者さま、マーケティング担当者さまに向けてお役に立てる情報となれば幸いです。

電通B2BイニシアティブではWebマーケティングの導入を強力にサポートいたします。企業戦略に最適化されたソリューションをスピーディーにご提案させて頂きます。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

PROFILE

B2B Compass編集部

B2Bのビジネス課題を解決に導く、コンパス(羅針盤)となるような情報をお届けします。